インタビューvol.1
「本部講師 高橋 佐代子さん」

「カラータイプを学ぶことで
人にやさしく出来るようになりました。」

カラータイプ協会 本部講師

高橋 佐代子Sayoko Tkahashi

カラータイプを始めたきっかけや動機はなんですか?

パーソナルカラーに気持ちの部分を取り入れたいという思いから

もともと、カラーの仕事、主にパーソナルカラーというその人の似合う色をご提案する仕事をしていました。

それは外見を元に色を選択していくものなのですが、ただし好きな色が必ず似合うとは限らないので、気持ちの部分を取り入れたいと思ったので、カラータイプを仕事に取り入れる事にしました。

どうやってカラータイプを見つけたんですか?

パーソナルカラーも河野先生(協会代表理事)に教わっていたためこれは間違いないなと思いました(笑)

色彩心理の部分は、色んな事があり頭に入りにくかったのですが、このカラータイプという形になった時にものすごくわかりやすく、誰に伝える時でも使いやすいと感じたからです。

なぜカラータイプ協会を選ばれたのですか?

河野先生の講座で出会って、カラーの仕事を始めたためです。

ちなみに、河野先生とはどちらで出会ったのですか?

もうかれこれ10年以上前のことになると思いますが、河野先生が講師を担当される地域のカラーの検定対策講座で出会いました。

ちょうど子育て中だったので、カラーは身の回りに必ずあり、皆が日頃選んでいるものなので、その内容がわかったらいいなという軽い気持ちからスタートしました。そこでパーソナルカラーのお仕事を紹介して頂いたのでそれがきっかけとなりました。

学んでいく上で、悩まれたことはありますか?

学ぶのが楽しくって仕方ない!それがカラータイプでした。

当時は、カラーについて様々なことを勉強していたのですが、カラータイプは2級まで4日ぐらいで学べるので、最初から楽しくって仕方が無かったです。

自分が変わり、色の使い方を知ることが楽しくて、終始楽しく講座を受ける事ができました。

カラータイプの魅力はどこでしょうか

5年休んだ後にすぐに現場復帰、カラーは古くならない

自分に似合う色がわかり、「生活や人生が変わった!」「朝起きるのが楽しくなった!」と言って下さる方もいて、自分も楽しく取り組んで、伝えた相手もすごく喜んでくれる。とにかく楽しいところです。

私は実はカラーのお仕事で講師業をして充実した時に、仕事を一旦お休みする決断をしました。結果として5年間ほどカラーの仕事を休んでいたことになります。どうしても子供の手がかかる時期に一旦子育てに集中させて頂きました。ただ、その後は5年という月日があったにも関わらず、すぐに仕事に復帰する事ができました。

カラーという仕事なので、古くなるという事は無かったですし、すぐにまた大好きなカラーの仕事が出来た事が感激でした!逆に河野先生には、月日を過ごして経験が増したねとも言って頂けました。

今、色々な理由で仕事がうまく続けられなくてジレンマに陥っている方、大丈夫ですよ。いつからでも仕事は再スタート出来ます。私がその実例です(笑)

カラータイプを学び変化はありましたか?

一言で言うと、人に優しくできるようになりました。

自分ってどんな自分なのか?自分にとって当たり前のことは人との違いがわからなかったのですが、自分以外のタイプの事を知ることで、自分が浮き彫りになってきました。

自分はこういう考え方をしてそれが当たり前だと思っていたけど、そう考える人が全てじゃないんだとわかったので、色んな性格の人がいて、考え方ひとつで行動や言動も変わる、この人はこういう所を大切にしているのでこういう言い方をするんだという事がわかる。

だから、カラータイプがわかれば人に優しくなれます。

カラータイプ協会 本部講師

高橋 佐代子Sayoko Tkahashi

カラータイプ×パーソナルカラー×カルチャー

大阪府大阪市出身

電機メーカーにて秘書を勤める。その後結婚退職。大家族の中で子育てをしながら、自分のやりたいカラーの仕事の準備を進める。末の子供が小学校に上がるのを機にカラーの仕事をスタート。

(株)色彩舎でパーソナルカラーリスト養成講座講師を3年間担当。その後5年間のブランクを経てカラー心理学「カラータイプ」で色を通してココロの状態を知り、押しつけのない人とのコミュニケーション法を習得。

カラーコミュニケーションで、自分を知り、人を知ることで、人にやさしくなっていくことを体感。そんな色の魅力を、カルチャースクール・セミナー・講座・イベントなどで伝授。楽しく、分かりやすいと好評を得る。自身、カラーコミュニケーションを使いバランスのとれたライフワークを提案中。

認定講座

色彩心理に興味があり活用したい方、カラータイプについてもっと知りたい方。どなたでも受講いただける認定講座をご用意しております。