(一社)カラータイプ協会のミッション

 「カラータイプ®」で個性を尊重し、自由自在なライフスタイルとビジネススタイルをサポートします。

カラータイプ®と社会貢献

カラータイプ協会は、2009年の設立当初から女性の働き方のスタイルを仕事だけの側面だけではなく、プライベートとのバランスやライフステージにおける変化対応などに向けてのミッションを掲げて活動しています。

そして「社会貢献」としての側面にフォーカスすると、SDGsの掲げるゴール及びターゲットに共通する内容も多く、今一度『社会貢献』の側面からカラータイプ®が出来る活動を整理いたしました。

■カラータイプ®×6のゴールと10のターゲットとの共通性について

6つのゴール ターゲット カラータイプ®との共通性
4.質の高い教育を
みんなに
4.4 2030年までに、技術的・職業的スキルなど、雇用、ディーセント・ワークおよび起業に必要な技能を備えた若者と成人の割合を大幅に増加させる。 カラータイプ®は一生のスキルになるコミュニケーションツールであり「起業に必要な技能」に合致し、若者はもちろん成人のいくつになってからでも習得できるスキルである。
4.7 2030年までに.持続可能な開発と持続可能なライフスタイル、人権、ジェンダー平等、平和と非暴力の文化、グローバル市民、および文化的多様性と文化が持続可能な開発にもたらす貢献の理解などの教育を通じて、すべての学習者が持続可能な開発を推進するための知識とスキルを獲得するようにする。 カラータイプ®は、場所を選ばず、時間を選ばすどんなライフスタイルにでも活用できるコミュニケーションツールである。またグローバル社会にとっても「色は世界の共通語」としての活用も万能であり、「個性を認め合う」のあり方は、個人だけではなく国境も超えるものである。
5.ジェンダーの平等を
実現しよう
5.5 政治、経済、公共分野でのあらゆるレベルの意思決定において、完全かつ効果的な女性の参加および平等なリーダーシップの機会を確保する。 育児や家事などをこなしながらの仕事の継続にもカラータイプ®は有効である。女性の持つ「しなやかなコミュニケーション力」はリーダーシップにも活用できる。
5.b 女性のエンパワーメント促進のため、ICTをはじめとする実現技術の活用を強化する。 カラータイプ®のネット診断(2019年7月スタート)により、コミュニケーションツールがICTに適合され、より女性活用が有効になる。
5.c ジェンダー平等の促進、ならびにすべての女性および女子のあらゆるレベルでのエンパワーメントのための適正な政策および拘束力のある法規を導入・強化する。 能力が抑圧されて、発揮できにくい現状をカラータイプ®のコミュニケーションツールで発揮しやすい環境が整える。
8.働きがいも
経済成長も
8.3 生産活動や適切な雇用創出、起業、創造性、およびイノベーションを支援する開発重視型の政策を促進するとともに、金融サービスへのアクセス改善などを通じて中小零細企業の設立や成長を奨励する。 人生100年時代における仕事の継続性の重要性において、カラータイプ®は有効である。起業に必須な「創造性」も養うことが出来る。
10.人や国の不平等を
なくそう
10.2 2030年までに、年齢、性別、障害、人種、民族、出自、宗教、あるいは経済的地位その他の状況に関わりなく、すべての人々の能力強化及び社会的、経済的及び政治的な包含を促進する。 『色彩心理』の効果は、年齢、性別、障害、人種、民族、出自、宗教、あるいは経済的地位その他の状況に関わりなく平等である。よって、その活用は誰にでも平等である。
11.住み続けられる
まちづくりを
11.3 2030年までに、包摂的かつ持続可能な都市化を促進し、すべての国々の参加型、包摂的かつ持続可能な人間居住計画・管理の能力を強化する。 住み続けられるまちづくりに「コンセプト」が必要である。その「コンセプト」を考えるプロセスにカラータイプ®が活用できる。
11.a 各国・地域規模の開発計画の強化を通じて、経済、社会、環境面における都市部、都市周辺部及び農村部間の良好なつながりを支援する。 その国、その地域の特性に合った街づくりとそこに住む人たちとの良好なつながりを支援するのにカラータイプ®が有効である。街づくりを具体的な「カラー」に落とし込むことが出来る。
16.平和と公正を
すべての人に
16.2 子どもに対する虐待、搾取、人身売買およびあらゆる形態の暴力および拷問を撲滅する。 自分を知り、相手を知るカラータイプ®で、子育てに悩む保護者のストレスを軽減する。人間の存在意義を改めて見つめ直す機会を創出する。
6つのゴール
ターゲット カラータイプ®との共通性
4.質の高い教育を
みんなに
4.4
2030年までに、技術的・職業的スキルなど、雇用、ディーセント・ワークおよび起業に必要な技能を備えた若者と成人の割合を大幅に増加させる。 カラータイプ®は一生のスキルになるコミュニケーションツールであり「起業に必要な技能」に合致し、若者はもちろん成人のいくつになってからでも習得できるスキルである。
4.7
2030年までに.持続可能な開発と持続可能なライフスタイル、人権、ジェンダー平等、平和と非暴力の文化、グローバル市民、および文化的多様性と文化が持続可能な開発にもたらす貢献の理解などの教育を通じて、すべての学習者が持続可能な開発を推進するための知識とスキルを獲得するようにする。 カラータイプ®は、場所を選ばず、時間を選ばすどんなライフスタイルにでも活用できるコミュニケーションツールである。またグローバル社会にとっても「色は世界の共通語」としての活用も万能であり、「個性を認め合う」のあり方は、個人だけではなく国境も超えるものである。
5.ジェンダーの平等を
実現しよう
5.5
政治、経済、公共分野でのあらゆるレベルの意思決定において、完全かつ効果的な女性の参加および平等なリーダーシップの機会を確保する。 育児や家事などをこなしながらの仕事の継続にもカラータイプ®は有効である。女性の持つ「しなやかなコミュニケーション力」はリーダーシップにも活用できる。
5.b
女性のエンパワーメント促進のため、ICTをはじめとする実現技術の活用を強化する。 カラータイプ®のネット診断(2019年7月スタート)により、コミュニケーションツールがICTに適合され、より女性活用が有効になる。
5.c
ジェンダー平等の促進、ならびにすべての女性および女子のあらゆるレベルでのエンパワーメントのための適正な政策および拘束力のある法規を導入・強化する。 能力が抑圧されて、発揮できにくい現状をカラータイプ®のコミュニケーションツールで発揮しやすい環境が整える。
8.働きがいも
経済成長も
8.3
生産活動や適切な雇用創出、起業、創造性、およびイノベーションを支援する開発重視型の政策を促進するとともに、金融サービスへのアクセス改善などを通じて中小零細企業の設立や成長を奨励する。 人生100年時代における仕事の継続性の重要性において、カラータイプ®は有効である。起業に必須な「創造性」も養うことが出来る。
10.人や国の不平等を
なくそう
10.2
2030年までに、年齢、性別、障害、人種、民族、出自、宗教、あるいは経済的地位その他の状況に関わりなく、すべての人々の能力強化及び社会的、経済的及び政治的な包含を促進する。 『色彩心理』の効果は、年齢、性別、障害、人種、民族、出自、宗教、あるいは経済的地位その他の状況に関わりなく平等である。よって、その活用は誰にでも平等である。
11.住み続けられる
まちづくりを
11.3
2030年までに、包摂的かつ持続可能な都市化を促進し、すべての国々の参加型、包摂的かつ持続可能な人間居住計画・管理の能力を強化する。 住み続けられるまちづくりに「コンセプト」が必要である。その「コンセプト」を考えるプロセスにカラータイプ®が活用できる。
11.a
各国・地域規模の開発計画の強化を通じて、経済、社会、環境面における都市部、都市周辺部及び農村部間の良好なつながりを支援する。 その国、その地域の特性に合った街づくりとそこに住む人たちとの良好なつながりを支援するのにカラータイプ®が有効である。街づくりを具体的な「カラー」に落とし込むことが出来る。
16.平和と公正を
すべての人に
16.2
子どもに対する虐待、搾取、人身売買およびあらゆる形態の暴力および拷問を撲滅する。 自分を知り、相手を知るカラータイプ®で、子育てに悩む保護者のストレスを軽減する。人間の存在意義を改めて見つめ直す機会を創出する。

カラータイプ協会が推奨する女性のワークライフバランス

3つのバランスを持つことにより、「情報」「コミュニティ」が複数になり、本当の意味での「自立」を得ることが出来る。