【カラータイプ®×中学受験】学校選びで大切なこと 2019/9/8

 

こんにちは!
カラータイプ®️ × 中学受験のブログを担当させて頂いております 小田中 美穂(こだなか みほ)です。

 

受験生の皆さん、そのご家族の皆さん 夏期講習お疲れさまでした。

夏休みなのに、海やプールなどのレジャーを我慢して、時には10時間以上、気合で鉛筆を握り戦ったお子さんもいらっしゃるかと思います。

我が家の昨年の夏休みは、(当時小6の息子は)ほぼ塾漬けでした。

早朝特訓から、夕方または夜まで。

お弁当を2個持って行く日もしばしば。

そんなにやるの?やらなきゃダメなの?

と思える量でした。

 

しかし、理想を掲げたらまっしぐらな「創造」×「決断」タイプな息子は、迷いなく突き進んでいきました。

一方、手堅く確実にを求める「堅実」タイプも高い私は、

「そんな大変なら、違う学校行くのも手だよ」

と、は言うのを何度も我慢したのを覚えています。

 

『受験』というのは、そんな自分の本質と向き合う機会なのかも知れません。

 

秋に入り、学校の入学説明会や文化祭など『学校見学』ができる機会が多くなるのではないでしょうか。

 

6年生になってからでは、模試などと重なりなかなか行ける機会が減るので、5年生までに興味のある学校へ、実際に親子で足を運ばれることをおすすめします。

 

・実際に通学にかかる時間

・先生や先輩の様子

・学校の特色

・授業内容・カリキュラム

・部活や課外活動

 

これは、パンフレットや周りの人からの情報だけでは分からないことです。

===========

学校の雰囲気を体感してください!

===========

 

中高一貫校なら6年間通い続ける学校です。

入学してから「こんなはずじゃなかった」と言い出さないようにするためにも、出来るだけ事前に情報を集め、決定されることをおすすめします。

 

我が家の場合、第一志望校を決めたきっかけは、小5で参加した「文化祭」でした。

その時に、ピンとくるものがあったようです。

その秋にある、入学説明会にも参加して具体的なイメージが出来ました。

 

難関校になればなるほど、「考える力」が必要になってきます。

入学したらどんなことがあるのかなとワクワクと想像することで、目の前の勉強に向かう気持ちも変わってきます。

校内新聞など配布された資料などを見ながら、

 

・どんなクラブに入りたい?

・修学旅行や校外学習は、どこへ行くのかな?

・先輩は、こんな活躍をしてはるよ。

 

など、興味が出るような話をすることで、考えるスイッチが入ります。

学校への憧れを胸にし、目の前の勉強に向かう原動力にされてはいかがでしょうか。

 

次回は、志望校選びの参考になるような『タイプに合わせた学校選びのススメ』について書かせて頂きますので、お楽しみに。

 

 

✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・


happy homing
小田中 美穂
📧   kodanaka.miho@gmail.com

無料メールマガジン『十人十色な個性を生かすメルマガ』

テーマ:親子コミュニケーション、中学受験赤裸々話、子育て、お片付け などについて書いております。

▼ ▼ ▼

メルマガ詳細・登録はこちら